名古屋大学医学部附属病院・看護部


看護部について 高度な総合医療と、質の高い看護を提供するために

トップページ > 看護部について > 看護部管理室

看護部管理室

高度な総合医療を提供する大学病院の看護部は、より質の高い看護サービスを提供するために、看護部長を中心に、人事・業務・教育・新人育成・看護サービス・医療情報・人材確保・安全管理という業務の役割の中で、高度な専門性と先進性を追求し時代や社会の変化に応じた積極的な活動を展開しています。

副病院長兼看護部長
看護部長より あなたらしい“愛しく、温かく、安全な看護の実践”を

名大病院の使命は「臨床・教育・研究を通じて社会に貢献する」ことです。それを実現するために「安全かつ最高水準の医療の提供」「優れた医療人の養成」「次代を担う新しい医療の開拓」「地域と社会への貢献」という4つの基本方針を掲げています。
「安全かつ最高水準の医療を提供する」には、質の高い看護実践が求められます。私達の考える質の高い看護実践とは「愛しく、温かく、安全な看護の実践」です。
「愛しく、温かく、安全な看護の実践」は、容易にはできません。まず、対象者との信頼関係がなければ、「愛しく、温かく、安全な看護の実践」は実現しません。看護師として信頼されるには、専門的な知識や技術はもちろん、誠実さや思いやりのある態度が求められます。看護師として常に自己研鑽し、新たな知識・確かな技術の修得に努めることや、誠実さや思いやりのある態度をもって人に接することができるように心身の健康の保持増進に努めることが必要です。
名大病院看護部は、計画的な継続教育や働きやすい職場環境づくりによって、一人一人の看護師が、その人らしく“愛しく、温かく、安全な看護の実践”を実現できるように支援します。

副看護部長副看護部長副看護部長副看護部長 副看護部長副看護部長副看護部長 副看護部長