名古屋大学医学部附属病院・看護部


看護部について 高度な総合医療と、質の高い看護を提供するために

トップページ > 看護部について > 組織

組織

高度な総合医療を提供する大学病院で質の高い看護サービスを提供するために

組織

組織

看護部長のもと副看護部長7名、看護師長40名


看護部の構成

病棟部門:24看護単位(H23.10 にNICU/GCU部門、H24.4にMFICUが開設)と中央部門:ICU(H23.ICUがSICUとMICUに機能分化。SICU16床・MICU10床)、手術部、中央放射線部、光学診療部、外来、透析室、救急科、材料部など

看護体制

病棟7対1看護体制、複数夜勤:2交代、変則2交代、3交代(OPE室、救急外来のみ)
固定チーム継続受け持ち制・PNS(Partnership Nursing System/パートナーシップ・ナーシング・システム)
※福井大学病院が開発したこの新看護方式を当院も導入しています。現在全病棟で実施しています。

PNSとは