名古屋大学医学部附属病院・看護部


看護部について 高度な総合医療と、質の高い看護を提供するために

トップページ > 看護部について > 理念

理念

教育目的

看護部の理念

愛(やさ)しく、温かく、安全な看護の実践を目指します

基本方針

1.患者さんの権利を尊重し、信頼と安心が得られる看護を
  提供します。
2.専門職業人として主体的に活動します。
3.大学病院の実践知と教育を通して地域との連携を推進
  します。


平成28年度 看護部重点目標

1.患者の入院前から退院後の療養まで、看護職・他職種と連携し、医療・看護をつなごう。
1) 退院支援の実践力を強化する。
2) 高齢者看護の実践力を強化する。
3) 入院前から退院まで、周術期における継続看護の充実を図る(周術期看護外来)。

2.互いに力を合わせ、長く働き続けることができる職場環境をつくろう。
1) チーム内の看護職間で協働する(PNSマインドの醸成)。
2) 部署・部門を越えて看護職で協働する(病床運用・応援体制)。
3) 協働する職場風土を基盤にWLBを推進する。

3.専門職として自らの目標を見据えて学び続けよう。学ぶ仲間を支援しよう。
1) ラダーを取得する。また、仲間のラダー取得を支援する。
2) 看護管理者として、看護管理実践上の目標・課題を明確にすることができるマネジメントラダー構築に参画する。
3) 専門看護師・認定看護師として、専門的な看護の知識・情報と技術で仲間を支援する。

4.業務改善と標準化の推進を目指した第7次医療情報システム更新に参画しよう。
1) 看護記録のスリム化を図る。
2) 看護用語やフォーマットの標準化を推進する。


愛しく温かく安全な看護実践の指標となる看護部数値目標(QI)を達成しよう。

 新規褥瘡発生率 0.54%以下
 転倒転落発生率 2.3‰/月以下
 患者誤認のインシデント件数(レベル2以上) 0.35‰/年以下
 患者確認方法の遵守 遵守率100%
 アルコール手指消毒薬使用目標量の達成 達成率100%