名古屋大学医学部附属病院・看護部


教育制度 多彩な教育プログラムが成長をサポート

トップページ > 教育制度 > 専門・認定看護師

専門・認定看護師


スペシャリストの育成

専門看護師は、5年以上の実務経験を経て、大学院への進学が必要です。当院では、勤務継続を行いながら大学院進学が可能です。また、認定看護師は、5年以上の実務経験と日本看護協会指定の教育課程を受講が必要です。(※進学・受講に際しては当院での実務経験と看護部長推薦が必要です。)当院では、この受講期間は出張扱いとしています。
資格取得後は、それぞれの専門領域のスペシャリストとして、チーム活動やコンサルテーション活動などを通し、ジェネラリストナースや他職種と協働しながら、より質の高い看護が提供できるよう活動しています。

がん看護専門看護師 原 万里子 山本 陽子

がんと診断されると、それまでの生活そのものが大きく変化します。がん看護専門看護師は、患者さんやご家族が治療に悩んだり、抱えている問題によってつらい時に、少しでも希望を見出して生活できるよう、そばに寄り添いたいと思っています。 このページのTOPへ

慢性疾患看護専門看護師(サブスペシャリティ:慢性腎臓病) 髙井 奈美

「病いと共に生きること」それは、「病いと折り合いをつけて生活すること」です。日常生活や社会的役割の中で疾患管理に必要な制限に対し葛藤を抱きながら生活する苦悩を知り、その生活調整を行うことを役割とします。 このページのTOPへ

リエゾン精神看護専門看護師 中山 元佳 田中 千夏

リエゾン精神看護は患者だけでなく医療者も対象となります。身体疾患を抱えた方の様々な心理的反応への対応や、現場で働く看護師がいきいきと働けるように、看護師のメンタルヘルス支援を行っています。 このページのTOPへ

母性看護専門看護師 平松 千明

出生前診断など医療技術の進歩、出産年齢の上昇、合併症妊婦の増加、社会の国際化などにより様々な問題を抱えた妊産婦が増えています。多様な背景をもつ女性が安全に出産でき、育児と新たな家族の始まりをサポートしています。 このページのTOPへ

小児看護専門看護師 滝 良梨子

子ども本来の力を引き出し、疾患を持ちながらもその子らしく成長・発達を遂げられるように支援します。いつも子どもと家族の声に耳を傾け、子ども・家族中心の医療・ケアが提供できるように多職種の方々と協働していきたいと考えています。 このページのTOPへ

急性・重症患者看護専門看護師 宮崎 直美

大手術や急激な病気の発症・悪化は、患者さんとご家族にとって大きな苦痛を伴います。1日でも早い回復のため、刻一刻と状態が変化する中でタイムリーに最善の治療・ケアを提供できるように多くの職種と一緒に日々頑張っています。患者さんや家族に寄り添い、想いを支えることを大切にしています。 このページのTOPへ