名古屋大学医学部附属病院・看護部


教育制度 多彩な教育プログラムが成長をサポート

トップページ > 教育制度 > 教育プログラム

教育プログラム

■ラダーレベル1をめざす研修

ラダーレベル1をめざす研修
基本的看護実践能力を養う 看護に必要な基本的知識、技術、態度を習得し、指導を受けながら、臨床の場で安全に看護実践できる能力を育成します。
研修内容を見る

ラダーレベル1をめざす研修

■ラダーレベル2をめざす研修

ラダーレベル2をめざす研修
一人前の看護師を目指す コミュニケーション能力を養うとともに、ケアリング理論について学び、患者に寄り添うことができ、臨床場面において一人前に看護実践できる能力を育成します。また、研究的視点に立った考え方を学びます。

ラダーレベル2をめざす研修

■ラダーレベル3をめざす研修

ラダーレベル3をめざす研修
ジェネラリストとして創造性豊かな看護師を目指す ジェネラリストとして、優秀な看護実践に加えて組織的な役割遂行できる能力を強化します。患者のニーズを明らかにし充足する力、チームに働きかける力や問題解決能力を獲得します。また自分の成長とともに意図的に後輩を育成する能力を高めます。

ラダーレベル3をめざす研修

■ラダーレベル4をめざす研修

卓越した看護を実践し、組織的にも広範囲な役割を実践できる能力を獲得します。必要なケアを瞬時に判断し、患者に合わせて実施できる力、組織の発展に貢献できる能力を高めます。
ラダーレベル4をめざす研修

■スペシャリストコース

特定の領域について高度な実践力を持つスペシャリストをめざす スペシャリストとして特定の領域に関する実践能力を育成します。コース修了者は院内認定看護師として病院全体の看護の質向上に向けて活躍します。救急・クリティカル領域を深める「クリティカルケアコース」と、感染管理における専門的知識と技術を身につける「感染管理コース」の2つのコースを設定しています。
■クリティカルケアコース ■感染管理コース(平成22年より)

■管理者コース

管理者コース
看護管理を学びマネジメント力を育成する 管理者コースは、医療界全体が置かれている状況や社会が看護に要請しているものを認識し、それに応えうる看護サービスを提供するための組織化ならびに看護の質をマネジメントする能力を育成することをねらいとして平成18年から開講しています。病院経営を視野に入れながら看護管理を学び、各自の所属する部署において質の高い組織的看護サービスが提供できるようリーダーシップを発揮する能力を育成することを目指しています。平成20年からは大学病院という強みを生かし、近隣の他施設の受講生も受け入れています。現場を少し離れて自施設をあらためて見直す機会としながら、看護管理について学んでいます。
■プライマリーコース■セカンダリーコース 研究生の一言

■臨床看護教育者コース

外部研修に参加

■そのほかの研修や学習会

そのほかの研修や学習会
多彩な能力を養うためのプログラムを提供  「サポーターズ研修」「教育・指導者育成コース」や「看護補助者研修」「中途採用者研修」など、それぞれの職務に必要な力を養うためのプログラムが企画されています。
そのほか、「部署公開学習会」や、「スキルアップ学習会」「専門分野別学習会」など多彩な「学ぶ場」を提供しています。

■救急インストラクター研修(救急シミュレーション学習を推進するためのスキルを学ぶ)
■サポーターズ研修(新人教育担当者の育成)
■人材育成担当者研修(部署における教育担当者の育成)
■看護助手研修(看護助手の役割を認識し業務に必要な知識や技術を学ぶ)
■中途採用者研修(早期に当院看護職員として力を発揮するために必要な事柄を学ぶ)