名古屋大学医学部附属病院・看護部


教育制度 多彩な教育プログラムが成長をサポート

トップページ > 教育制度 > キャリアアップ

キャリアアップ

■クリニカルラダーシステム

当院の「クリニカルラダーシステム」は、専門職業人として自律した看護師になるために、一人ひとりの発達段階やライフプランに応じた教育が受けられることが特徴です。平成24年度に、教育体制の全面的な見直しを行い、発達段階に応じた教育とその成果が看護実践につながる仕組みとし、自分の描くキャリアデザインが可視化出来るシステムにしました。
キャリアラダーシステム

■クリニカルラダーの教育プログラム

フレッジリングナースをめざす研修 セルフサポーティングナースをめざす研修 アドバンスナースをめざす研修 院内認定看護師コース
1人ひとりの看護師が自己実現を果たし、専門職として自律し、主体的に活動できる看護師の育成を目指しています。そのシステムとして5段階のクリニカルラダーを構築し、看護師のキャリア発達のための支援を組織的に行っています。新卒職員に対しては、看護師として必要な基本的看護実践能力を習得できるように短期ローテーションによる臨床研修制度を導入しています。クリニカルラダーレベル1~3までは、専門領域を持たずに質の高い看護を提供できるジェネラリストとして臨床実践能力の向上に主体的に取り組める教育プログラムを構築し、教育的支援をしています。その後は、特定の分野・領域において専門性の高い看護実践能力向上を目指すスペシャリストコース、教育指導における能力向上を目指す臨床看護教育者コース、マネジメント能力を身につけ経営・管理を学ぶ管理者コースでキャリアアップをすることが可能となります。1人ひとりの自己実現とキャリア発達を支援する教育プログラムを提供しています。