名古屋大学医学部附属病院・看護部


教育制度 多彩な教育プログラムが成長をサポート

トップページ > 教育制度

当院では平成21年度から新卒看護師を対象とした『卒後臨床研修制度』を導入しました。また、再就職支援プログラムでは、再就職する際に必要となる知識・技術教育を提供し、スムーズに臨床現場へ復帰することを支援しています。さらに中途採用者の方への教育も行っています。
多くの仲間と共に学び、育ちながら、看護師として自律し、そして、自分たちの看護を力強く語れる看護師を育てたいと考えています。
今、看護の力を社会は期待し、必要としています。看護の専門性を追求しながら、その要請に応えていくと同時に、看護師という仕事の醍醐味を実感し自信と誇りを持ちながら生き生きと働く、そんな看護師になって欲しいと願っています。
平成22年からは文部科学省の大学改革推進事業「看護師の人材養成システムの確立」においてsaving lifeナース育成プランが採択されました。「私が生命を救う」をテーマに、シミュレーション研修を取り入れ、フィジカルアセスメント能力を獲得できるプログラムを実施しています。また、25年度からは、ラダーシステムの再構築を行い、個々の成長度に合わせラダーにリンクした研修と発達段階が分かるeポートフォリオを導入し、個々の成長を支援しています。

※saving lifeナース育成プランについては、トップページから独自のホームページにリンクしています。


教育目的

教育目的

論理的思考過程を養い、専門職として自律し、
主体的な看護活動ができる看護師の育成を目指します。

専門職として必要な5つのコアとなる要素

1)看護実践能力
2)組織的役割能力
3)自己教育能力
4)研究能力
5)倫理的判断能力