診療科・部門

診療科・部門

もどる


医療支援室 室長:水野 広之

子どもと家族が安心できる入院療養生活を支える

病気・治療にまつわる不安やストレスを軽減し、子どもと家族が安心して入院生活を送れるよう支援します。


業務体制

チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)3名、保育士3名で構成される部門です。小児科・小児外科病棟を中心に、医療チームの一員として活動しています。

業務内容

保育士は主に病棟プレイルームやベッドサイドで、子どもの成長発達を支える保育を実践しています。CLSは子ども本人の病気・治療等の理解や受け入れを促し、入院生活に主体的に臨めるよう、様々な場面で介入します。

特色

CLSは医療現場での子どもの心理的ストレスの軽減を目的とし、北米で発展してきた専門職です。当院ではCLS、保育士を含めた多職種で連携し、子どもと家族の心理社会的支援にも力を入れた医療の提供を目指しています。

業務実績

プレイルームでの集団保育の時間を確立させました。また、子ども本人への病状説明、“きょうだいの会”を始めとする家族支援、“中高生の会”などのAYA世代の支援、復学支援などの取り組みを始めました。

その他の取り組み

学会や研究会での発表、論文や書籍の執筆、研究活動、講演活動を通して、入院する子どもと家族の心理社会的支援の重要性を院内外で発信し、多職種での支援体制の更なる充実を目指しています。