診療科・部門

診療科・部門

もどる


メディカルITセンター センター長:白鳥 義宗(病院教授)

情報管理の面から病院運営を支える

メディカルITセンターは、病院総合情報システム(電子カルテ)の安全稼働を支援するシステム管理部門と、大学病院としての情報の質と維持・向上の推進および支援する病歴管理部門、外部との情報連携や情報共有・共同開発支援を 行うための外部連携部門からなります。患者さんの個人情報を守り、質の高い医療を推進できるよう日々更なる開発を行っています。


業務体制

システムエンジニア(医療情報技師)を中心としたシステム管理部門と、診療情報管理士を中心とした病歴管理部門、データマネージャーを中心とした外部連携部門からなり、多職種が協力し合いながら業務に取り組む体制を整えています。

業務内容

電子カルテシステムの開発・管理・運営及び診療情報/医療情報の管理・データ抽出・分析等の日常業務に加え、全職員への情報リテラシー教育、臨床情報を用いた研究を推進しています。

特色

医療情報部門として、教育・事務・技術/専門職、診療情報管理士/腫瘍登録士等フィールドの異なるさまざまな職種が共同し、より安全かつ精度の高い情報を創世するために取り組んでいます。また、がん登録やNCD(National Clinical Database)登録を行っている部門です。

業務実績

国立大学病院としてはじめて汎用市販ソフト(FileMaker)と電子カルテとの連携を行い、診療科の枠を越えて診療情報を統合することに成功しました。これらのシステムの運用は"業務の見える化"としてUMLを公開しています。そして、精度の高い情報の創世のための監査体制をととのえ、医療情報の質を担保しています。

その他の取り組み

2012年1月導入の第6次の病院統合情報システムから、第7次システムへのリプレースが2018年1月に予定されています。第7次システムでは、システムの中央化推進、データの集約と利活用、業務改善を図ることを導入のポリシーとして、メディカルITセンターが中心となり取り組んでいます。