未開拓の分野が多く研究題材・対象が豊富にある!

2014年実績

英文原著

タイトル The role of cysteinyl cathepsins in venous disorders.
雑誌名 Thromb Haemost 112(1):216-218
年号 2014
著者 Cheng XW, Sasaki T, Kuzuya M
タイトル Three-graded stratification of carbohydrate restriction by level of baseline hemoglobin A1c for type 2 diabetes patients with a moderate low-carbohydrate diet.
雑誌名 Nutrition & Metabolism 11:33
年号 2014
著者 Haimoto H, Sasakabe T, Kawamura T, Umegaki H, Komeda M, Wakai K
タイトル Endothelial cellular senescence is inhibited by liver X receptor activation with an additional mechanism for its atheroprotection in diabetes.
雑誌名 Proc Natl Acad Sci U S A 111(3):1168-1173
年号 2014
著者 Hayashi T, Kotani H, Yamaguchi T, Taguchi K, Iida M, Ina K, Maeda M, Kuzuya M, Hattori Y, Ignarro LJ
タイトル Efficacy of HMG-CoA reductase inhibitors in the prevention of cerebrovascular attack in 1016 patients older than 75 years among 4014 type 2 diabetic individuals.
雑誌名 Int J Cardiol 177(3):860-866
年号 2014
著者 Hayashi T, Kubota K, Kawashima S, Sone H, Watanabe H, Ohrui T, Yokote K,Takemoto M, Araki A, Noda M, Noto H, Sakuma I, Yoshizumi M, Ina K, Nomura H;Japan CDM group
タイトル eNOS-Dependent Antisenscence Effect of a Calcium Channel Blocker in Human Endothelial Cells.
雑誌名 PLoS One 9(2):e88391
年号 2014
著者 Hayashi T, Yamaguchi T, Sakakibara Y, Taguchi K, Maeda M, Kuzuya M, Hattori Y
タイトル Accumulation of geriatric conditions is associated with poor nutritional status in dependent older people living in the community and in nursing homes.
雑誌名 Geriatr Gerontol Int 14(1):198-205
年号 2014
著者 Hirose T, Hasegawa J, Izawa S, Enoki H, Suzuki Y, Kuzuya M
タイトル Cathepsin k activity controls injury-related vascular repair in mice.
雑誌名 Hypertension 63(3):607-615,
年号 2014
著者 Hu L, Cheng XW, Song H, Inoue A, Jiang H, Li X, Shi GP, Kozawa E, Okumura K, Kuzuya M
タイトル Importance of high-density lipoprotein cholesterol levels in elderly diabetic individuals with type IIb dyslipidemia: A 2-year survey of cardiovascular events.
雑誌名 Geriatr Gerontol Int 14(4):806-810
年号 2014
著者 Ina K, Hayashi T, Araki A, Kawashima S, Sone H, Watanabe H, Ohrui T, Yokote K, Takemoto M, Kubota K, Noda M, Noto H, Ding QF, Zhang J, Yu ZY, Yoon BK, Nomura H, Kuzuya M; Japan CDM Group
タイトル Factors Associated with Deterioration of Mini Nutritional Assessment-Short Form Status of Nursing Home Residents during a 2-Year Period.
雑誌名 J Nutr Health Aging 18(4):372-377
年号 2014
著者 Izawa S, Enoki H, Hasegawa J, Hirose T, Kuzuya M
タイトル Position statement from the Japan Geriatrics Society 2012: End-of-life care for the elderly.
雑誌名 Geriatr Gerontol Int 14(4):735-739
年号 2014
著者 Japanese Geriatric Society Ethics Committee, Iijima S, Aida N, Ito H, Endo H, Ohrui T, Sodei T, Toba K, Hara K, Momose Y, Uemura K, Nakano H, Miura H, Kuzuya M
タイトル Cathepsin K-mediated notch1 activation contributes to neovascularization in response to hypoxia.
雑誌名 Nature Communications 5:3838
年号 2014
著者 Jiang H, Wu Cheng X, Shi GP, Hu L, Inoue A, Yamamura Y, Wu H, Takeshita K, Li X, Huang Z, Song H, Asai M, Hao CN, Unno K, Koike T, Oshida Y, Okumura K, Murohara T, Kuzuya M
タイトル Effect of renal impairment on cognitive function during a 3-year follow up in elderly patients with type 2 diabetes: Association with microinflammation.
雑誌名 Journal of Diabetes Investigation 5(5):597-605
年号 2014
著者 Kawamura T, Umemura T, Umegaki H, Imamine R, Kawano N, Tanaka C, Kawai M, Minatoguchi M, Kusama M, Kouchi Y, Watarai A, Kanai A, Nakashima E, Hotta N
タイトル β-Hydroxy-β-methylbutyrate facilitates PI3K/Akt-dependent mammalian target of rapamycin and FoxO1/3a phosphorylations and alleviates tumor necrosis factor α/interferon γ-induced MuRF-1 expression in C2C12 cells.
雑誌名 Nutr Res 34(4):368-374
年号 2014
著者 Kimura K, Cheng XW, Inoue A, Hu L, Koike T, Kuzuya M
タイトル Cathepsin S activity controls ischemia-induced neovascularization in mice.
雑誌名 Int J Cardiol 183C:198-208
年号 2015
著者 Li X, Cheng XW, Hu L, Wu H, Guo-Ping, Hao CN, Jiang H, Zhu E, Huang Z, Inoue A, Sasaki T, Du Q, Takeshita K, Okumura K, Murohara T, Kuzuya M
タイトル Relationship between small cerebral white matter lesions and cognitive function in patients with Alzheimer's disease and amnestic mild cognitive impairment.
雑誌名 Geriatr Gerontol Int 14(4):819-826
年号 2014
著者 Makino T, Umegaki H, Suzuki Y, Yanagawa M, Nonogaki Z, Nakashima H, Kuzuya M
タイトル Oral supplementation with a combination of l-citrulline and l-arginine rapidly increases plasma l-arginine concentration and enhances NO bioavailability.
雑誌名 Biochem Biophys Res Commun 454(1):53-57
年号 2014
著者 Morita M, Hayashi T, Ochiai M, Maeda M, Yamaguchi T, Ina K, Kuzuya M
タイトル Dynamics of bone marrow-derived cells relevant to the brain-immune cell-cell interactions under non-inflammatory conditions.
雑誌名 Current Trends in Neurology 8:39-52
年号 2014
著者 Sanae Hasegawa-Ishii, Muneo Inaba, Ming Li, Hiroyuki Umegaki, Susumu Ikehara, Atsuyoshi Shimada
タイトル The Effect of Additional Training on Motor Outcomes at Discharge from Recovery Phase Rehabilitation Wards: A Survey from Multi-Center Stroke Data Bank in Japan.
雑誌名 PLoS One 9(3):e91738
年号 2014
著者 Shiraishi N, Suzuki Y, Matsumoto D, Jeong S, Sugiyama M, Kondo K, Kuzuya M
タイトル National survey of the prevalence of swallowing difficulty and tube feeding use as well as implementation of swallowing evaluation in long-term care settings in Japan.
雑誌名 Geriatr Gerontol Int 14(3):577-581
年号 2014
著者 Sugiyama M,Takada K,Shinde M,Matsumoto N,Tanaka K,Kiriya Y,Nishimoto E,Kuzuya M
タイトル Factors Associated with Brain Atrophy Estimated with Automatic Voxel-Based Morphometry of Structural Magnetic Resonance Images in Elderly Diabetic Patients: Impact of Albuminuria on Hippocampal Atrophy.
雑誌名 J Diabetes Metab 6(2):491
年号 2015
著者 Takahiko Kawamura, Toshitaka Umemura, Rui Imamine, Hiroyuki Umegaki, Naoko Kawano, Asako Mizoguchi, Mariko Kawai,Makiko Minatoguchi, Minoru Kusama, Yu Kouchi, Atsuko Watarai, Akio Kanai, Eitaro Nakashima and Nigishi Hotta
タイトル Impaired glycemia and Alzheimer's disease.
雑誌名 Neurobiology of Aging 35(10):e21
年号 2014
著者 Umegaki H
タイトル Factors associated with cognitive decline in older subjects with type 2 diabetes mellitus during a 6-year observation.
雑誌名 Geriatr Gerontol Int 15(3):302-310
年号 2015
著者 Umegaki H, Kawamura T, Umemura T, Kawano N
タイトル Burden reduction of caregivers for users of care services provided by the public long-term care insurance system in Japan.
雑誌名 Archives of Gerontology and Geriatrics 58(1):130-133
年号 2014
著者 Umegaki H, Yanagawa M, Nonogaki Z, Nakashima H, Kuzuya M, Endo H
タイトル Renin inhibition reduces atherosclerotic plaque neovessel formation and regresses advanced atherosclerotic plaques.
雑誌名 Atherosclerosis 237(2):739-747
年号 2014
著者 Wu H, Cheng XW, Hu L, Hao CN, Hayashi M, Takeshita K, Hamrah MS, Shi GP, Kuzuya M, Murohara T

英文総説

タイトル Dementia: Type 2 diabetes has a slow and insidious effect on cognition.
雑誌名 Nat Rev Neurol 11(3):127-128
年号 2015
著者 Umegaki H
タイトル Type 2 diabetes as a risk factor for cognitive impairment : current insights.
雑誌名 Clinical Interventions in Aging 9:1011-1019
年号 2014
著者 Umegaki H

和文原著

タイトル アルツハイマー型認知症患者の近時記憶障害に対するリバスチグミンの効果の検討
雑誌名 新薬と臨牀 63(7):1168-1171
年号 2014
著者 梅垣宏行
タイトル 高齢糖尿病患者に対するレパグリニドの安全性・有効性の検討
雑誌名 Diabetes Frontier 26(1) :108-110
年号 2015
著者 梅垣宏行
タイトル 在宅療養要介護高齢者における栄養障害の要因分析 the KANAGAWA-AICHI Disabled Elderly Cohort(KAIDEC) Studyより
雑誌名 日本老年医学会雑誌 51(6) :547-553
年号 2014
著者 榎 裕美,杉山みち子,井澤幸子,廣瀬貴久,長谷川潤,井口昭久,葛谷雅文
タイトル 特集 第37回日本栄養アセスメント研究会発表演題より
「管理栄養士による居宅療養管理指導」利用者の摂食・嚥下障害と栄養障害の実態調査
雑誌名 栄養-評価と治療 32(1):12-15
年号 2015
著者 榎 裕美,杉山みち子,加藤昌彦,葛谷雅文,小山秀夫
タイトル 在宅療養要介護高齢者における摂食嚥下障害と栄養障害に関する調査研究The KANAGAWA-AICHI Disabled Elderly Cohort(KAIDEC) studyより
雑誌名 日本臨床栄養学会雑誌 36(2) :124-130
年号 2014
著者 榎 裕美,杉山みち子,沢田(加藤)恵美,古明地夕佳,葛谷雅文
タイトル 名古屋逓信病院の未来を見据えた診療体制についての考察
雑誌名 逓信医学 67(1):38-42
年号 2015
著者 中村了
タイトル 名古屋逓信病院でのもの忘れ外来の取り組み
雑誌名 逓信医学 67(1):33-37
年号 2015
著者 長谷川潤,三島信彦

和文著書

タイトル Part3 フレイルと疾患 フレイルと認知症(精神心理的側面)
雑誌名 フレイル-超高齢社会における最重要課題と予防戦略 66-71 (医歯薬出版)
年号 2014
著者 梅垣宏行(葛谷雅文,雨海照祥;編集)
タイトル 第3章 ココに注意!高齢者糖尿病と老年症候群 
4.サルコペニア:156-60
8.【特論】認知症と運動:180-184
雑誌名 ココに注意!高齢者の糖尿病 老年症候群を考えた治療とQOLを高める療養指導のコツ(羊土社)
年号 2015
著者 梅垣宏行(荒木厚;編)
タイトル 各論 他の疾患を合併する場合の病態の特徴と栄養ケア
8.脂質異常症 病態の特徴
雑誌名 高齢者の糖尿病と栄養 合併する疾患ごとの栄養ケア 71-73 (フジメディカル出版)
年号 2014
著者 葛谷雅文(雨海照祥,葛谷雅文,中島弘;監修,福田也寸子;編集)
タイトル Part1 総論 フレイルとは-その概念と歴史
雑誌名 フレイル-超高齢社会における最重要課題と予防戦略 2-6 (医歯薬出版)
年号 2014
著者 葛谷雅文(葛谷雅文,雨海照祥;編集)
タイトル Ⅴ ライフサイクルと代謝の変化 3.高齢者の栄養管理に必要な知識
1)加齢と消化吸収能~健康な高齢者は消化吸収能は衰えない~:347-349
2)加齢とエネルギー消費の変化:350-353
3)加齢と蛋白質代謝の変化:354-359
雑誌名 栄養管理をマスターする 代謝の理解はなぜ大事? BEAM(Bunkodo Essential & Advanced Mook) (文光堂)
年号 2014
著者 葛谷雅文(大村健二,BEAM(Bunkodo Essential & Advanced Mook)編集委員会;編集)
タイトル 第2章 高齢者に多い症候 11.低栄養
雑誌名 すぐに使える 高齢者総合診療ノート 105-108 (日本医事新報社)
年号 2014
著者 葛谷雅文(大庭建三;編著)
タイトル 21 筋肉が落ちてきた
雑誌名 加齢症状で悩む患者さんに応える医学 年のせいにしたくない30の症状 120-124 (プリメド社)
年号 2014
著者 葛谷雅文(葛谷雅文,伴信太郎;編)
タイトル 在宅における終末期医療の倫理
雑誌名 在宅の高齢者を支える-医療・介護・看取り- Advances in Aging and Health Research;2013 151-156
年号 2014
著者 葛谷雅文(公益財団法人 長寿科学振興財団;編)
タイトル PartⅠ概論 8高齢者の栄養
雑誌名 臨床栄養実践ガイド 73-77 (中外医学社)
年号 2014
著者 葛谷雅文(丹羽利光;編著)
タイトル 参考資料1 対象特性 3 高齢者
雑誌名 日本人の食事摂取基準 2015年版-厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」策定検討会報告書- 373-396 (第一出版)
年号 2014
著者 葛谷雅文(菱田明,佐々木敏;監修)
タイトル 2章 プラクティスとマネジメント サルコペニア
雑誌名 スーパー総合医 高齢者外来診療 112-118 (中山書店)
年号 2014
著者 葛谷雅文(和田忠志;専門編集)
タイトル Part1 在宅高齢者の低栄養予防とMNA 3.在宅高齢者におけるMNAの有用性
雑誌名 MNA在宅栄養ケア 在宅高齢者の低栄養予防と早期発見 13-17 (医歯薬出版)
年号 2015
著者 葛谷雅文(葛谷雅文,酒元誠治;編集)
タイトル 3 根拠に基づいた経腸栄養剤の選択 10)高齢者
雑誌名 経腸栄養剤の選択とその根拠 137-143 (フジメディカル出版)
年号 2015
著者 葛谷雅文(井上善文;編集)
タイトル 病因 10.原発性ならびに二次性サルコペニアと動物モデル
雑誌名 別冊・医学のあゆみ サルコペニア-成因と対策 58-62 (医歯薬出版)
年号 2015
著者 葛谷雅文(荒井秀典;編集)
タイトル 2章 プラクティスとマネジメント 多剤投薬への対策
雑誌名 高齢者外来診療 スーパー総合医 72-77 (中山書店)
年号 2014
著者 鈴木裕介(和田忠志;編者)
タイトル Ⅱ.代謝 B.臨床分野での進歩
3.高齢者脂質代謝異常症の臨床
雑誌名 Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌 2014 118-124 (中外医学社)
年号 2014
著者 林登志雄(寺内康夫,伊藤裕,石橋俊;編集)

和文総説

タイトル 座談会 認知症と糖尿病治療における課題と展望
雑誌名 Geriatric Medicine 52(7): 803-811
年号 2014
著者 朝田隆,古川勝敏,梅垣宏行,田中志子,荒木厚
タイトル トラックセッション4「認知症の身体合併症へのアプローチ」
摂食障害
雑誌名 老年精神医学雑誌 第25巻増刊号1:98-102
年号 2014
著者 梅垣宏行
タイトル 特集 在宅医療の新しい展開
Seminar5.在宅医療におけるQOL評価
雑誌名 Geriatric Medicine 53(2): 139-142
年号 2015
著者 梅垣宏行
タイトル 特集 治し支える医療としての在宅医療の現状と展望
在宅医療における評価の最前線 在宅医療におけるQOL評価について
雑誌名 月刊カレントテラピー 33(2):94-99
年号 2015
著者 梅垣宏行
タイトル 特集 超高齢社会の糖尿病診療-ケアから血糖管理まで-
高齢者糖尿病におけるセルフケアの援助
雑誌名 プラクティス 32(1):53-57
年号 2015
著者 梅垣宏行
タイトル 特集 老年医学の視点から見た高齢者糖尿病
6 高齢者糖尿病と認知症
雑誌名 月刊糖尿病 6(11):43-48
年号 2014
著者 梅垣宏行
タイトル 特集 高齢者の糖尿病
6 高齢者糖尿病とうつ
雑誌名 糖尿病 57(9):693-695
年号 2014
著者 梅垣宏行
タイトル 特集 神経疾患治療薬の薬剤と使い分け
第2部・神経疾患における剤形の使い分け:長所と短所
8.アルツハイマー型認知症治療薬の剤形
雑誌名 BRAIN MEDICAL 26(2):143-147
年号 2014
著者 梅垣宏行
タイトル 特集 認知症医療とケア「これまで」と「これから」そして「"今"必要なこと」
治療 全人的医療を目指す 認知症と転倒
雑誌名 クリニシアン 61(no.628):487-494
年号 2014
著者 梅垣宏行
タイトル 特集=フレイルとは何か フレイルに対する介入~在宅医療の視点から~
雑誌名 MEDICAMENT NEWS 2180号
年号 2014
著者 梅垣宏行
タイトル 糖尿病とサルコペニア
雑誌名 Diabetes Journal:糖尿病と代謝 42(3):106-111
年号 2014
著者 梅垣宏行,葛谷雅文
タイトル 特集 認知症の原因・予防から診断・治療まで
認知症の治療 認知症患者の行動・心理症状への対応
雑誌名 臨牀と研究 91(7):919-923
年号 2014
著者 梅垣宏行,葛谷雅文
タイトル プラタナス 超高齢社会に求められる医師の養成
雑誌名 日本医事新報 4691:1
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 1.フレイルティ:オーバービューと栄養との関連 第55回日本老年医学会学術集会記録 シンポジウム2:高齢者フレイルティに迫る
雑誌名 日本老年医学会雑誌 51(2):120-122
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 特集 サルコぺニアおよびロコモティブシンドロームと栄養
サルコぺニアおよびロコモティブシンドロームにおける栄養の重要性
雑誌名 臨床栄養 124(3):274-278
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル サルコぺニア-成因と対策 病因 原発生ならびに二次性サルコぺニアと動物モデル
雑誌名 週刊医学のあゆみ 248(9):696-700
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 特集1 健康長寿のためのシニアニュートリション サルコぺニア予防と栄養
雑誌名 食品と開発 49(3):4-6
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 日医生涯教育協力講座 カラー図説
臨床医のための食事療法のポイント(No.45) 性・年齢別疾病の発症予防・重症化予防と日本型食生活の役割
高齢者の介護予防・虚弱(フレイル)予防のための食の在り方
雑誌名 日本医師会雑誌 143(11):RS287-RS288
年号 2015
著者 葛谷雅文
タイトル 特集 アドヒアランス向上を考える
服薬アドヒアランス 高齢者における服薬アドヒアランス低下の要因
雑誌名 クリニシアン 62(no.635):77-82
年号 2015
著者 葛谷雅文
タイトル 特集 介護予防のカギはフレイル
フレイルとは-その概念と定義を中心として
雑誌名 Aging&health 23(4):12-14
年号 2015
著者 葛谷雅文
タイトル 特集 これだけは知っておきたい!内科医のための栄養療法
実地臨床で遭遇する栄養管理 高齢者 予防医療の一環としての高齢者栄養療法の視点
雑誌名 内科 115(1):99-102
年号 2015
著者 葛谷雅文
タイトル 特集 日本人の食事摂取基準(2015年版)を理解するために(2)
〔対象特性〕高齢者
雑誌名 臨床栄養 125(6):732-737
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 高齢者におけるリハビリテーションの意義
第5回 高齢者におけるリハビリテーションの阻害因子とそれに対する一般的対応 1.フレイル 4)フレイルの原因としての低栄養とその対策
雑誌名 Geriatric Medicine 52(8): 973-976
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル バイオサイエンススコープ サルコペニアと栄養
雑誌名 化学と生物 52(5): 328-330
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 特集/高齢者のフレイル(虚弱)とリハビリテーション
虚弱(フレイル)の原因としての低栄養とその対策
雑誌名 Monthly Book Medical Rehabilitation 170: 126-130
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 特集 肥満症の診療update
サルコぺニア肥満
雑誌名 日本医師会雑誌 143(1): 72
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 2.健康長寿を目指す医療はどうあるべきか 第28回日本老年学会総会記録 シンポジウム2:更なる健康長寿をめざして:超高齢社会における老年学の役割
雑誌名 日本老年医学会雑誌 51(1):46-48
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 今後の「食」を探る サルコぺニアの予防・改善
雑誌名 乳酸菌ニュース 484(2014春季号):23-26
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 高齢者における低栄養とその対策
雑誌名 學士曾会報 906:76-81
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 生活習慣病キーワード Glossaru of Topics サルコぺニアとNSTの役割
雑誌名 Medical View Point 35(9):6
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル FROM DOCTOR 診療科へようこそ 老年内科(地域在宅医療学・老年科学)
雑誌名 Hospha 24(4): 17-19
年号 2014
著者 葛谷雅文
タイトル 特集 老年医学の視点から見た高齢者糖尿病
2 高齢者糖尿病とサルコペニア・フレイル
雑誌名 月刊糖尿病 6(11):15-23
年号 2014
著者 佐竹昭介,葛谷雅文
タイトル 特集 サルコペニアの基礎と臨床
座談会 介護予防ならびにロコモティブシンドロームとサルコペニア
雑誌名 最新医学 70(1):7-19
年号 2015
著者 鈴木隆雄,原田敦,葛谷雅文
タイトル 特集 高齢者の薬物療法ガイドライン
臨床に役立つQ&A 在宅医療での薬物療法に関する注意点について
雑誌名 Geriatric Medicine 52(8): 955-958
年号 2014
著者 鈴木裕介
タイトル 特集 在宅医療の新しい展開
Seminar8.在宅医療からみた病診連携
雑誌名 Geriatric Medicine 53(2): 1341-1344
年号 2015
著者 鈴木裕介
タイトル 特集 高齢者の多剤併用 薬物治療マネジメントのための多角的視点
訴える症状が副作用か老化の影響かを判断するポイント 老年症候群と似た症状を呈する副作用
雑誌名 薬局 66(3): 403-409
年号 2015
著者 鈴木裕介
タイトル Letters to the Editor 介護支援専門員(CM)が通常業務において感じる課題の検証
雑誌名 日本老年医学会雑誌 51(2):192
年号 2014
著者 辻 典子,広瀬貴久,鈴木裕介,葛谷雅文
タイトル アミノ酸のニューパラダイム 動脈硬化症とアルギニン、シトルリン
雑誌名 生化学 86(3):352-359
年号 2014
著者 林登志雄
タイトル 目で見るエストロゲンの生殖器外作用 エストロゲンと血管機能
雑誌名 HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY 21(2):100-104
年号 2014
著者 林登志雄
タイトル 健康企画「レビー小体型認知症」
雑誌名 愛知県老人クラブ連合会機関紙「いきいきライフ」 124号
年号 2014
著者 栁川まどか
タイトル 健康企画「無症候性脳梗塞」
雑誌名 愛知県老人クラブ連合会機関紙「いきいきライフ」
年号 2014
著者 栁川まどか
タイトル 健康企画「皮膚のかゆみ」
雑誌名 愛知県老人クラブ連合会機関紙「いきいきライフ」
年号 2014
著者 栁川まどか