インタビュー 教えて先輩!! 老年医学の道って、どんな道?

中嶋 宏貴 先生

中嶋 宏貴 先生

地域連携・患者相談センター病院助教 2009年 大阪大学卒

あれもこれも身につけたい!

急性期医療にも慢性期医療にもじっくり取り組める環境です。

Q:なぜ地域在宅医療学・老年科学教室を選んだのですか?

A:将来、地元に戻って医療に取り組みたいと思ったからです。

僕は初期研修からずっと名大病院です。大学では地元・岐阜を離れましたが、いずれ戻って医師になりたいと思っていました。将来は「町の医者」に、なりたいんです。そう考えた時、名大病院は東海地域の拠点病院としての役割も担っていて、様々な地域医療の情報を得られる、僕に最適な研修病院でした。
初期研修中には、スーパーローテートで様々な診療科を経験させていただきました。当初は内科の一般医志望でした。でも、いろいろな病気を併発している高齢者の方を診て「患者寄り」の医療に取り組んでいる老年内科は、内科の中でも特徴的で、心に残りました。

もともとは、救急医療に興味がありました。

学生時代には救急医療の現場で働きたいと思っていました。人が一命を取り留める現場で働くことができたなら、きっとやりがいを感じられるだろうと思っていました。今もそう思います。でも、一命を取り留めて、それから先があることに気付いたんです。それに気付いてから、次第に、患者さんが事故や大きな病気から復帰する過程で、じっくり話を聞いて、患者さんを長く支えていく方が僕には向いているのではないかと思うようになりました。現在は、市中の診療所と療養病床の外来を担当しています。医学的に推奨されることを押し付けていけないし、かといって患者さんの言うとおりにしているだけでは、結局患者さんにとって最善の治療をすることができません。高齢者の方やそのご家族とじっくりお話しして診療の方針を決めることがとても大切であると実感しています。

大阪大学出身の僕。学閥がなく、アットホームな雰囲気が好きです。

当教室には、他大学から見えた先生方が多く所属されています。情報交換が盛んで、いい環境だと思います。規模が大きすぎないところも魅力のひとつかもしれません。医局に「機動力がある」と言えると思います。大学病院と言うと、特殊で壁があるイメージかもしれませんが、そんなことはなく、よくある病気もまれな病気も両方診ることができる医療現場だと思います。

今できることだけでなく、患者さんの生活を見据えて判断する。急性期医療も慢性期医療もできる分野だと思いました。

ここで学び始めた時、指導医の梅垣先生が、「内科は先手必勝」と教えてくださいました。今できることはもちろんやる。それだけでなく、先を見据えて何をするかが大切だ、という意味です。老年科医は欲張りなのかもしれません。今診たい、ずっと診たい、という気持ちが原動力になっている。僕がここにキャッチフレーズをつけるなら、「急性期も慢性期も両方診られる老年科」です。
医者として専門的な知識を身につけることは大切ですが、それを現場でどう活かせるかが、臨床医にとっては何より大切です。急性期医療と慢性期医療の両方を経験して、自分自身もさらに現場力を養っていきたいと思っています。