機器検索

身体診察・フィジカルアセスメントトレーニング

耳の診察シミュレータ"EAR"
EAR-1.jpg(クリックすると
拡大画像が表示されます)
1京都科学
P15Sラボ

耳鏡シミュレータ

耳鏡を使用して,鼓膜および外耳道の状態をアセスメントできます.

外耳道内部の診察手技の習得に.直像耳鏡を使用し,オリジナル鼓膜症例画像データ入りの耳ユニットを交換して「真珠腫」「中耳炎」などの診察ができます.耳垢・異物除去の練習も可能です.

1.市販の直像耳鏡を実際と同じ方法で使用して外耳道の診察ができます.
2.耳ユニットは解剖学的に正確な形状をしており,外耳道をまっすぐにする手技を行うことで,症例が観察できるよう設計されています.
3.マスク部は軟質素材で製作,頸部は左右に偏屈し,耳を少しひっぱるなど実 際の診療に近い状態で練習できます.
4.左右どちらでも使用でき,耳は簡単に着脱できます.
5.症例は,正常を含む代表的な病変症例を 10 症例用意しています.
6.外耳道での異物除去の練習や耳垢を取る練習もできます.

手技 
異物除去手技(玩具鉄砲玉・模擬耳垢・スポンジ片)

症 例 
 1.正常鼓膜
 2.正常鼓膜(外耳道が太い)
 3.中耳炎(漿液性)
 4.中耳炎(粘液性)
 5.中耳炎(慢性化膿性)
 6.中耳炎(急性化膿性)
 7.真珠腫
 8.鼓室硬化症
 9.外傷性鼓膜穿孔
 10.耳垢閉塞


 



ページ
トップへ
戻る