機器検索

救命トレーニング

ALS シミュレ-タ 
ALS-1.jpg(クリックすると
拡大画像が表示されます)
5Leardal
P19 グランドラボ

ALSトレーニング用高性能マネキン
※ フル機能を使用するには,バイタルシムと組み合わせる必要.

ALS シミュレータは,広範囲の高度救命処置トレーニングに対応した製品です.
バイタルシムと組み合わせて使用すると,各種の臨床的処置やインストラクターによるリモコン操作,加えて予め作成しておいたシナリオに基づき,自発呼吸・気道の状態・各種聴診音・心電図・その他多くの臨床状態が変化し,患者の診断と治療の効果的なトレーニングを行なうことができます.

・様々な局面において救急医療従事者に要求される主要スキルに特化し,シミュレーションを通じて高度救命処置,コミュニケーション,チームワークなどのトレーニングに効果があります.
・予めシナリオをプログラミングしておくことで,標準化されたトレーニングを実施できます.加えて,リモコンを用いながらインストラクタが リアルタイムに状況をコントロールすることができ,トレーニングの展開を各々の受講者に合わせて変化させることができます.
・リアル且つ頑丈な構造で耐久性が高く,長年の使用にも耐えます.
・ACLS や外傷初期診療/初期治療などをはじめとした様々な救命処置トレーニングに対応しています.また,オプションとして外傷等の モジュールを装着でき,院内外を問わず状況設定が可能です.
・付属のトレーニングサポート教材(CD-ROM)には,ALS シミュレータを用いた様々な想定シナリオが収載されています.これを用いてさまざまな学習目的,問題解決,意思決定などのスキルを磨く為のトレーニングをすぐに開始できます.
・自発呼吸による胸郭の上下,呼吸回数,肺音を変化させることにより,広範囲の呼吸器合併症をシミュレーションできます.
・新たに開発したエアウェイ構造により,ラリンゲルマスク,コンビチューブ,ラリンゲルチューブ等のフィットが向上しました.
・左右の気道閉塞や舌浮腫を再現し,且つ外科的気道確保手技として輪状甲状靭帯穿刺/切開をトレーニングできます.
・頭部後屈・顎先挙上,下顎挙上,換気,心臓マッサージなどは内蔵のセンサーで自動検知され,記録されたログはトレーニング後のフィードバックに使用できます.


 



ページ
トップへ
戻る