お知らせ

2019年3月11日 17:18

Clinical Simulation Center 2019年3月~の催し

クリニカルシミュレーションセンターの催し一覧.png

名古屋大学クリニカルシミュレーションセンターでは,様々な研修,講習会が行われています.多種多様なトレーニングに対応できる設備と機器が充実しています.是非,どうぞお気軽にご活用下さい.→ ご利用案内

クリニカルシミュレーションセンターの催し一覧.png


腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)シミュレーション・セミナー

LC-SS 2019 ポスター (002).png

2019年5月25日(土)14:00-17:00(13:45受付開始)
名古屋大学医学部附属病院

Virtual-reality & Ex-vivo Simulation Hands-On Course for Laparoscopic Cholecystectomy
バーチャルリアリティ・シミュレータを中心に手術リハーサルを行うとともに,指導医が教育法を考えるセミナーです.
初めて腹腔鏡下胆嚢摘出術を行う医師(卒後3年目前後の外科医師)とその指導医のペアでお申込み下さい.

●日時:2019年5月25日(土)14:00-17:00
●場所:名古屋大学医学部附属病院中央診療棟B,2階 Simサージ&ギャラリー
●参加費:(テキスト代実費):2,000円
●対象:初めて腹腔鏡下胆嚢摘出術を行う医師(卒後3年目前後の外科医師)とその指導医(ペアでご参加下さい)

※事前申込みが必要です.指導医とペアでお申込み下さい.(先着順)
●申込先:下記のいずれかにご連絡下さい.
 ・コヴィディエン・ジャパン各病院担当者
 
・名古屋大学 クリニカルシミュレーションセンター(nucsc@med.nagoya-u.ac.jp)


2019年2月19日 10:57

第1回 医用VRセミナー

2019.03.23医用VRセミナー.jpg

内容:テーマ:
Just VR Technology for Medicine and Healthcare

【日時】平成31年3月23日(土)14:00~17:00
【場所】東京大学医学部2号館1階講義室
【参加費】無料
【定員】100名
(会場に限りがあるため先着順となります.ご了承下さい.)

スケジュール
14:00~15:00
1) VRやAR技術が最も有効な医学・看護教育の領域とは
・参加者によるディスカッション
・プレゼンテーション:手術シミュレータ訓練事例紹介(三菱プレシジョン)
・質疑応答

15:00~16:30
2) VRやAR技術が有効な術式とは
・参加者によるディスカッション
・プレゼンテーション:手術支援ロボット事例紹介(リバーフィールド)
・プレゼンテーション:手術支援システム事例紹介(日立製作所)
・質疑応答


16:30~17:00
3) VRやAR技術の人体への影響
・参加者によるディスカッション
・質疑応答

主催:東京大学大学院医学系研究科臨床情報工学教室
協賛:日本VR医学会(予定)

参加申し込み先:medvr.utokyo@gmail.com
―――――――――――――――――――――
お名前:
御所属:
連絡先(メール):
―――――――――――――――――――――




2019年2月13日 11:05

【定員に達したため受付を終了しました!】手術室に関連する全職種の方対象!ORプロセミナー3月9日(土)

2019-3-9.png

現在の手術において不可欠なエネルギー・デバイスの原理,特徴,セットアップ,トラブルシューティングを中心に機器管理について学ぶセミナーです.手術室に関連するすべての職種の方が対象です.ご施設の医師,手術室看護師,MEさんのチームでの参加をおすすめします.

【日時】2019年3月9日(土)14:00~17:00
【場所】名古屋大学クリニカルシミュレーションセンター
【参加費】無料
【定員】20名(先着順,要事前申込み) 
【対象】手術室で働く全ての職種の方
【問合せ・申込先】
名古屋大学クリニカルシミュレーションセンター nucsc@med.nagoya-u.ac.jp
件名:3/9 ORセミナー申込み

本文:①氏名②ふりがな③所属④職種⑤電話番号を記載してメールでお申込み下さい.

定員に達したため,受付を終了しました.今回申込みできなかった方,申し訳ありません.また次回お申込み下さい.


2019年1月23日 11:19

第8回 内視鏡外科チームテレカンファレンスセミナー

TTC2019.png

~本セミナーはチーム医療に特化し医師・看護師・臨床工学技士の相互理解を深めることを目的としています~

開催日時:2019年2月2日(土)13:30~16:30
会 場: 札幌会場(80名)(北海道大学病院 臨床研究棟大会議室)

東京会場(100名)(順天堂医院)
名古屋会場(50名)(J&J㈱ 名古屋支店)
大阪会場(50名)(近畿大学医学部附属病院 救急災害センター5F 会議室)
岡山会場(80名)(川崎医科大学総合医療センター 5階カンファレンス室1)
福岡会場(250名)(九州大学医学部 基礎研究A棟 第1講義室)

テーマ:「多職種による内視鏡外科手術の医療安全」

参加費:無料(*交通費は参加者のご負担となります。)

--- プログラム ---

13:30~13:35 製品説明会 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
13:35~13:50 世話人挨拶 高橋 玄(順天堂医院)
13:50~14:30 ME業務の新たな展望 司会: 三島 博之(九州大学)
イグニションスピーチ
「医師の働き方改革と臨床工学技士の手術室(周術期)業務」
「臨床工学士の視点を取り入れた内視鏡外科に係る新たな業務」
萱島 道徳(奈良県立医科大学) 山下 由美子(倉敷成人病センター)
フリーディスカッション ディスカッサント:佐々木 新(岡山済生会総合病院)、古田 朋之(近畿大学)

(休憩10分)

14:40~15:20 安全な術中体位について 司会:工藤 孝子(順天堂医院)
イグニションスピーチ
「肥満手術における手術体位について」  
早坂 勇人(千葉大学)、綱脇 慎一(産業医科大学)
フリーディスカッション ディスカッサント:諌山 三絵(福岡大学)、 七戸 俊明先生(北海道大学)

(休憩10分)

15:30~16:25 特別講演 司会:高橋 玄(順天堂医院)
「SSIに対する手術室での取り組み」来間 一平(順天堂医院)
「JCIから見た多職種における医療安全」川崎 志保理(順天堂医院 医療安全室長)

16:25~16:30 総括・閉会挨拶

当番世話人:高橋 玄(順天堂医院)

主 催:内視鏡外科チームテレカンファレンス
共 催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社