医工・産学連携


Optical法トロッカー挿入シミュレータの開発
名古屋工業大学 坂口研究室と基礎的研究を行い(科研費,JST補助金など支援), 第2プロトタイプまで製作され,さらにミユキエレックス株式会社(現ワイエイシーエレックス株式会社)を加えた共同研究(兵庫県補助金)により,市販前機が製作されました.



VR手術シミュレータのvalidation,開発の協力






さまざまな手技のハンズオンセミナーを共催で行っています.



ORプロセミナー



名古屋大学シミュレーションセンターの特色の一つとして,すべての医療関連人材のシミュレーション教育に
携わっていることがあげられます.



エネルギーデバイスやステイプラーは,Johnson & Johnson (Ethicon), Medtronic (Auto Suture, Vallylab, Covidien,…), Amco, Medical Next, など多くのメーカーのご協力をいただきました. 医学史上貴重と考えられるデバイスも集められています.


人工弁(服部コレクション)
服部良信先生(元藤田保健衛生大学教授, 現大同病院 顧問)より寄託.


Endovascular治療トレーニングエリアにおける各種カテーテルの展示
(東海メディカルプロダクツより提供)



触覚センシングシステム開発(名工大と共同)

シミュレーションセンターのボックス・トレーナと(早期癌付き)胃壁モデルを使用して,実際の手術室における臨床試験前の実験を行いました. 現在,その後の臨床試験も既に終了しています. (名工大と共同)


ページ
トップへ
戻る