ご寄附のお願い

  名古屋大学医学部・大学院医学系研究科および医学部附属病院は,地域医療や中部地方,のみならず国内の拠点のひとつとして高度医療を行いながら, 医学・医療の発展に貢献する医療人の育成を行い,病気のメカニズムの解明や新しい診断・治療法の開発のような基礎・臨床の学術研究において, 世界的に先導するものも生み出してまいりました.今後とも,次世代の医療を切り開くともに,国際的に活躍できる人材の育成に注力してまいります.
  近年,医学生や医療者の教育や新たな医療の開発には,実際の医療現場を模した擬似環境(シミュレーション)の重要性がますます高くなっており, 本学におきましても,2013年にクリニカルシミュレーションセンターが発足しました.ここには,基本手技のほか,手術,血管内治療,内視鏡検査, 超音波検査などの高機能のVRシミュレータが整備されており,その維持や更新に多額の費用を要します.
  しかしながら,2004(平成16)年の国立大学法人化以降,大学への運営費交付金が年々減少していることから, シミュレーションセンター運営の費用の多くを附属病院の収益でまかなっています. しかし,附属病院の財政状況も年々厳しくなっており,診療に必要な機器の更新にも困難をきたしている現状で,シミュレーションセンターの運営に回る予算がまったく不足している状況となっています.
  各種の公的資金獲得にも努めておりますが,内外の財政状況も厳しいため,皆様方からのご寄附をお願いしております. 優れた医療人の育成,地域医療への貢献,新しい医療の開発のためのシミュレーション設備の整備に使用させていただきます. 趣旨にご賛同いただき,格段のご協力を賜りますよう,何卒よろしくお願い申し上げます.

  名古屋大学大学院医学系研究科・医学部医学科のホームページに,学術研究や教育の充実などを目的とした「寄付金」のご案内がございます.ご協力のほどよろしくお願い申し上げます.
  なお,名古屋大学へのご寄付は,税制上の寄付金控除をうけることができます.
名古屋大学大学院医学系研究科・医学部医学科 寄附金


ページ
トップへ
戻る