ごあいさつ

卒後臨床研修・キャリア形成支援センター センター長 植村和正

植村和正

「女性がいきいきと働く職場は、男性にとっても働きやすい職場である」
 男女共同参画に対する抵抗は社会の至る所で見られますが、その最たる理由が、「女性支援によって残された女性や男性がそのあおりを受ける」という思いです。特に、労働集約型の職場である病院などでは、医師に限らず過重労働が常態化しています。「一握りの女性医師への支援が残された者たちへの負担増につながるんじゃないか」という危惧は無理からぬところがあります。
 多くの障害を乗り越えて、我々が到達しなければいけないゴールは実に明確で、それが冒頭にお示しした、両性にとって働きやすい職場、それは出産や育児などのライフイベントを迎えた女性にもそうでない女性にも、そして共に働く男性にも働きやすい職場です。名大病院の「女性医師キャリア支援モデル普及推進事業」は、したがって、「女性医師のため」の事業ではなく「両性が協働するため」に、旧来の労働文化・風土や性差意識への挑戦だと考えています。この事業の成果が、いつか心身の病を抱えたり親の介護を担うことになって仕事の継続が危ぶまれるかもしれない男性医師への福音となる可能性を想像していただければ、私の言わんとすることはご理解いただけるのではないでしょうか。ですが、言うは易く行うは難し。それこそ、性を問わず、年齢を問わず、キャリアを問わず、多くの方々の恊働なくして到達できる目標ではありません。
 名大病院の労働環境が誰にとっても快適なものになるよう、「男女医師キャリア支援相談部門」は発足いたしました。一挙に成果を上げられずとも、一歩一歩確実に、みなさまとあるべき目標に向かって進んでいきたいと考えています。ですから、どんなことでも気軽にご相談ください。また、ほんの少しのアドバイスやご意見をお寄せください。心からお待ちしております。
 みなさまのご支援とご協力をなにとぞよろしくお願い申し上げます。

卒後臨床研修・キャリア形成支援センター 副センター長 向田美保

向田美保

このたび、名大病院は厚生労働省による「平成27年度女性医師キャリア支援モデル普及推進事業」に採択され、事業責任者をしております。どうぞよろしくお願いします。
近年女性医師が増加しつつあり、名大病院でも女性医師比率は20.4%(教員16.2%、医員21.9%、研修医40.7%、平成27年8月1日現在)となっており、今後さらに女性医師が増えていくことが予想されます。その中で、女性医師が妊娠・出産・育児等のライフイベントを迎える際に、勤務の継続に困難を抱えることが問題になっています。この時期はキャリア形成やスキルアップにとって非常に大切な時期に重なることが多いことから、何とか勤務を継続したいと思うのですが、そのためには周りの理解やサポートなくしては乗り越えられません。とはいえ女性医師が今後も増え続ける中、支援を求めるのみでは周りの医師も疲弊してしまうので、みんなが働き続けられる環境を考える時期に来ているのではないかと思います。
またライフイベント問題は女性医師だけでなく、自身や家族の健康問題、親の介護問題などを含めて、近年家族形態の多様化により男女両性の問題となってきています。安全でよりよい医療を提供し続けていくためにも、働きたい人が困難を抱えながらもモチベーションを保ち、キャリアアップし続けていける環境が大切です。
自身の経験からも、休職してしまうと復職は容易ではありません。安全かつ継続的な医療を提供していくという観点からも、可能な範囲で勤務を継続していくことは非常に大切だと思います。大変な中でも、医師として社会貢献し続けられるよう、みんなでキャリア継続・キャリアアップしてきたいと思います。
この事業を展開することで、より現実に即した医師支援につなげていくために、みなさまのご意見をたくさん頂戴していきたいと思いますので、活動へのご理解、ご協力をどうぞよろしくお願いします。
最後に、キャリア形成、キャリア継続についてお困りのことがありましたら、是非お気軽にご相談下さい。お待ちしております。

卒後臨床研修・キャリア形成支援センター 特任助教 前田啓子

2015年11月より男女医師キャリア支援相談部門に参加させていただくこととなりました。専門は消化器内科です。男女医師ともに働きやすい環境づくりに貢献できる部門を目指し活動を行っていきたいと考えております。私自身、周囲にサポートしてもらって勤務を続けている状況ですが、何かお力になれればと考えております。活動内容に対する御意見やキャリアに関する御相談をお待ちしております。今後とも宜しくお願いいたします。

お問い合わせ先

〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65
名古屋大学医学部附属病院 卒後臨床研修・キャリア形成支援センター 男女医師キャリア支援相談部門
TEL:052-744-1334(病院) 内線:7334
Mail:drcareer◎med.nagoya-u.ac.jp(◎→@ へ変更してお送りください)