News & Topics

  • メンバーリスト、業績リストを更新しました。(2018年4月)

  • Sharmin Actarさん(博士卒業生)らの論文が発表されました。(2017年10月)
  • Actar S, Takatori S, Tsuji T, Orii M, Ohsaki Y, Cheng J, Fujimoto T.(2017)
    A New Electron Microscopic Method to Observe the Distribution of Phosphatidylinositol 3,4-bisphosphate.
    Acta Histochem Cytochem 2017, 50(5):141-147. doi: 10.1267/ahc.17025. LINK

  • 大崎、Soltysik、藤本の総説が発表されました。(2017年8月)
  • Ohsaki Y, Soltysik K, Fujimoto T.(2017)
    The Lipid Droplet and the Endoplasmic Reticulum.
    Adv Exp Med Biol 2017, 997:111-120. doi: 10.1007/978-981-10-4567-7_8. LINK

  • 辻琢磨 助教、藤本萌さん(修士卒業生)らの論文が発表されました。(2017年6月)
    プレスリリースの内容はこちらからご覧ください。 LINK
  • Tsuji T, Fujimoto M, Tatematsu T, Cheng J, Orii M, Takatori S, Fujimoto T.(2017)
    Niemann-Pick type C proteins promote microautophagy by expanding raft-like membrane domains in the yeast vacuole.
    Elife 2017, e25960. doi: 10.7554/eLife.25960. LINK

  • メンバーリスト、業績リストを更新しました。(2017年6月)

  • 小笠原裕太 助教が新学術領域研究「リポクオリティ」若手研究者発表会(横浜)において優秀発表賞を受賞しました。(2017年5月)

  • 鷲見英里子さん(現4年生)が2016年度基礎医学セミナー研究発表会において最優秀賞(ポスター)を受賞しました。(2017年5月)

  • 上川裕輝君(現5年生)が第122回日本解剖学会総会・全国学術集会(長崎大学医学部)にて学生発表優秀賞を受賞しました。(2017年3月)

  • 黒田修平君、小山達也君、鷲見英里子さん、百田浩太郎君が基礎医学セミナー(医学科3年生)として教室に加わりました。 (2016年10月)

  • 2015年度基礎医学セミナー研究発表会において、上川裕輝君が最優秀賞(ポスター)、内田岬希さんと山木洸史君が優秀賞(口演)を受賞しました(現4年生)。(2016年4月)

  • 折井 みなみさん(博士研究員)、杉本 拓也さん(医学修士課程1年生)が新しく加わりました。(2016年4月)

  • Zuzana Lubovskaさん(Institute of Molecular Genetics of the Academy of Sciences of the Czech Republic)が短期研究生として加わりました。(2016年4月)

  • 大崎、程、川合、吉川、藤本らの論文が発表されました。(2016年1月)
  • Ohsaki Y, Kawai T, Yoshikawa Y, Cheng J, Jokitalo E, Fujimoto T.(2015)
    PML isoform II plays a critical role in nuclear lipid droplet formation.
    J Cell Biol 2016, 212(1):29-38. doi: 10.1083/jcb.201507122. LINK

  • メンバーリスト、業績リストを更新しました。(2015年12月)

  • 今井 則博(D4)がアメリカ肝臓学会 American Association for the Study of Liver Diseases, the Liver Meeting 2015においてInternational Young Investigator Travel Award および Presidential Poster of Distinction を受賞しました。(2015年11月)

  • 高鳥、立松、程、赤野、松本、藤本らの論文がアクセプトされました。
  • Takatori S, Tatematsu T, Cheng J, Matsumoto J, Akano T, Fujimoto T.(2015)
    Phosphatidylinositol 3,5-bisphosphate-rich membrane domains in endosomes and lysosomes.
    Traffic 2015, in press. doi: 10.1111/tra.12346 LINK

  • 上田恩来君、内田岬希さん、上川裕輝君、山木洸史君が本年度基礎医学セミナー(医学部3年生)として新しく加わりました。(2015年10月)

  • Kamil Soltysikさんが医学博士課程1年生として新しく加わりました。(2015年10月)

  • 小笠原 裕太氏が助教として新しく加わりました。(2015年6月)
    メンバーリストを更新しました。

  • 辻 琢磨 助教,高鳥 翔 (現東京大学助教)が第71回日本顕微鏡学会学術講演会において優秀ポスター賞 (生物部門)を受賞しました。(2015年5月)

  • 江畑 葵 さん(現4年生)が2014年度基礎医学セミナー 最優秀賞(ポスター)を受賞しました。(2015年4月)

  • メンバーリスト、業績リストを更新しました。(2015年4月)

  • 今井、鈴木らの論文がアクセプトされました。
  • *Imai N, *Suzuki M, Hayashi K, Ishigami M, Hirooka Y, Abe T, Shioi G, GotoH, Fujimoto T. (*co-first authors) (2015)
    Hepatocyte-specific depletion of UBXD8 induces periportal steatosis in mice fed a high-fat diet.
    PLOS ONE, 2015, 10(5)e0127114. doi: 10.1371 LINK

  • 鈴木らの論文がアクセプトされました。
  • Suzuki M, Murakami T, Cheng J, Kano H, Fukata M, Fujimoto T. (2015)
    ELMOD2 is anchored to lipid droplets by palmitoylation and regulates ATGL recruitment.
    Mol Biol Cell, 2015 LINK

  • 大学院医学修士課程1年生として藤本 萌さんが研究室に加わりました。(2015年4月)

  • 今井 則博(大学院医学博士課程3年生)が第120回日本解剖学会総会・全国学術集会/第92回日本生理学会合同大会において、優秀演題賞を受賞しました。(2015年3月)

  • 伊吉 祥平君が医学科を卒業すると共に、在学中の論文発表を表彰され「つるま賞」を受賞しました。(2015年3月)

  • 高鳥、藤本の論文が発表されました。
  • Takatori S, Fujimoto T. (2015)
    Microscopy of membrane lipids - how precisely can we define their distribution?
    Essays in Biochemistry 57, 81-91, 2015 DOI:10.1042/bse0570081n LINK

  • 伊吉らの論文がアクセプトされました。
  • Isyoshi S, Cheng J, Tatematsu T, Takatori S, Taki M, Yamamoto Y, Salic A, Fujimoto T. (2014)
    Asymmetrical distribution of choline phospholipids revealed by click chemistry and freeze-fracture electron microscopy.
    ACS Chem Biol. 2014 DOI: 10.1021/cb500558n ? Publication Date (Web): 14 Aug 2014 LINK


  • 辻琢磨 助教が研究室に新しく加わりました。メンバーリストを更新しました。(2014年7月)

  • 深澤有吾 准教授が福井大学医学部医学科・形態機能医科学講座 組織細胞形態学・神経科学領域(解剖学2)の教授として異動されました。(2014年5月)

  • 藤本らの論文が発表されました。オートファゴゾーム膜におけるPtdIns(3)Pの局在に関する総説です。
  • Fujimoto T, Yamamoto H, Ohsumi Y. (2014)
    Different phosphatidylinositol 3-phosphate asymmetries in yeast and mammalian autophagosomes revealed by a new electron microscopy technique.
    Autophagy. 2014 Mar 24;10(5). [Epub ahead of print] doi: 10.1038/ncomms4207 LINK

  • 大学院生 Sharmin Aktar が研究室に新しく加わりました。メンバーリスト、業績リストを更新しました。(2014年4月)

  • 学部3年生による基礎医学セミナー発表会が行なわれました。当教室所属 松本淳君がポスター発表優秀賞を獲得しました。(2014年3月)

  • 藤本らが参加した論文が発表されました。transcriptome, proteome解析により原核生物ロドコッカスでの脂肪滴代謝に関係し得る分子を検索した仕事です。
  • Chen Y, Ding Y, Yang L, Yu J, Liu G, Wang X, Zhang S, Yu D, Song L, Zhang H, Zhang C, Huo L, Huo C, Wang Y, Du Y, Zhang H, Zhang P, Na H, Xu S, Zhu Y, Xie Z, He T, Zhang Y, Wang G, Fan Z, Yang F, Liu H, Wang X, Zhang X, Zhang MQ, Li Y, Steinb?chel A, Fujimoto T, Cichello S, Yu J, Liu P. (2014)
    Integrated omics study delineates the dynamics of lipid droplets in the Rhodococcus opacus PD630.
    Nucleic Acids Res 42, 1052-1064, 2014 doi: 10.1093/nar/gkt932 LINK

  • 程、藤田らの論文が発表されました。酵母のオートファゴゾーム膜におけるPtdIns(3)Pの局在を明らかにしました。
  • Cheng J, Fujita A, Yamamoto H, Tatematsu T, Kakuta S, Obara K, Ohsumi Y, Fujimoto T. (2014)
    Yeast and mammalian autophagosomes exhibit distinct phosphatidylinositol 3-phosphate asymmetries.
    Nat Commun, in press. doi:10.1038/ncomms4207 LINK

  • 高鳥らの論文が発表されました。膜脂質の局在を形態的に観察する手法に関する総説です。
  • Microscopic Methods to Observe the Distribution of Lipids in the Cellular Membrane. Takatori S, Mesman R, Fujimoto T. Biochemistry. Articles ASAP (As Soon As Publishable) Publication Date (Web): January 24, 2014 (Current Topic) DOI: 10.1021/bi401598v LINK

  • 深澤らの論文が4報発表されました。
  • Ballesteros-Merino C, Watanabe M, Shigemoto R, Fukazawa Y, Adelman JP, Luj?n R. (2014.1)
    Differential subcellular localization of SK3-containing channels in the hippocampus.
    Eur J Neurosci Early view. doi: 10.1111/ejn.12474 LINK
  • Beppu K, Sasaki T, Tanaka K, Yamanaka A, Fukazawa Y, Shigemoto R, Matsui K. (2014.1)
    Optogenic countering of glial acidosis suppresses glial glutamate release and ischemic brain damage.
    Neuron 81,: 314-320. doi: 10.1016/j.neuron.2013.11.011 LINK
  • Aziz W, Wang W, Kesaf S, Mohamed AA, Fukazawa Y#, Shigemoto R. (2014.1)
    Distinct kinetics of synaptic structural plasticity, memory formation and memory decay in massed and spaced learning.
    PNAS. Early Edition. doi: 10.1073/pnas.1303317110 #Corresponding author. LINK
  • Wang W, Nakadate K, Masugi-Tokita M, Shutoh F, Aziz W, Tarusawa E, Lorincz A, Aziz W, Molnar E. Kesaf S, Li Y-Q, Fukazawa Y, Nagao S, Shigemoto R. (2014.1)
    Distinct cerebellar engrams in short-term and long-term motor learning.
    PNAS. Early Edition. doi: 10.1073/pnas.1315541111 LINK

  • 大崎らの論文が発表されました。脂肪滴に関する総説です。
  • Open Questions in Lipid Droplet Biology. Ohsaki Y, Suzuki M, Fujimoto T. Chem Biol. 2013 Nov 12. doi:pii: S1074-5521(13)00343-8. 10.1016/j.chembiol.2013.08.009. [Epub ahead of print] PMID: 24239006 LINK

  • 山村らの論文が発表されました。NPC1L1阻害剤であるezetimibeがオートファジーを誘導することを示しました。
  • Inhibition of NPC1L1 by ezetimibe activates autophagy in human hepatocyte and reduces mutant α1-antitrypsin Z deposition. Yamamura T, Ohsaki Y, Suzuki M, Shinohara Y, Tatematsu T, Cheng J, Okada M, Ohmiya N, Hirooka Y, Goto H, Fujimoto T. Hepatology. 2013 Nov 9. doi: 10.1002/hep.26930. [Epub ahead of print] LINK

  • 大崎らの論文が発表されました。ApoB-crescent (Apolipoprotein Bが脂肪滴-小胞体融合部に蓄積した構造)がADP-ribosylationにより制御されることを示しました。
  • Inhibition of ADP-ribosylation suppresses aberrant accumulation of lipidated apolipoprotein B in the endoplasmic reticulum. Ohsaki Y, Cheng J, Yamairi K, Pan X, Hussain MM, Fujimoto T. FEBS Lett. 2013 Nov 15;587(22):3696-702. doi: 10.1016/j.febslet.2013.09.036. Epub 2013 Oct 4. LINK

  • 藤本らの論文が発表されました。脂肪滴を電子顕微鏡で観察する手法について紹介しています。
  • Imaging lipid droplets by electron microscopy. Fujimoto T, Ohsaki Y, Suzuki M, Cheng J. Methods Cell Biol. 2013;116:227-51. doi: 10.1016/B978-0-12-408051-5.00012-7. PMID: 24099296 LINK

  • Dr. Pavel Hozakグループが来訪しました。(Laboratory of Biology of the Cell Nucleus,チェコ共和国 Institute of Molecular Genetics of the ACSR (IMG)) (2013.11.14)
  • 2013年度基礎医学セミナー学生(3年生)4名が加わり、メンバー紹介を更新しました (2013.10.10)

  • 鈴木らの論文が発表されました (2013.3.7) Protein kinase Cηが脂肪滴に局在することを示しました。
  • Suzuki, M., Iio, Y., Saito, N., and Fujimoto, T. (2013)
    Protein kinase Cη is targeted to lipid droplets.
    Histchem Cell Biol 2013 Apr;139(4):505-11. doi: 10.1007/s00418-013-1083-z. Epub 2013 Feb 24. copy PMID: 23436195 LINK

  • 研究概要を更新しました (2013.1.31)
    「神経関連課題の研究概要」

    ◯ 神経細胞の細胞膜上分子の分布とその調節機構から神経細胞の特性形成機構を明らかにする。

    ◯ 特定の情報処理や記憶を担う神経回路の可視化と操作法の確立

  • メンバー紹介、業績リストを更新しました (2013.1.29)

About us

私たちは脂質分子が基盤となって作る細胞内構造に興味を持っています。脂肪滴、膜脂質ドメインなどがその代表例です。これらの構造の形成原理や機能は、蛋白質の性質だけで説明することはできません。肥満や脂肪肝、メタボリック症候群など、過剰脂肪が引き起こす病気が大きな社会問題になっています。脂質分子が細胞内で示す様々な性質の解明を通じて、これらの病気の予防や治療に新たな糸口を見つけることができればと思います。

研究概要へ