診療のご紹介

産婦人科は主に、「婦人科腫瘍」、「産科」、「不妊・生殖」の3つのチームに分かれて診療を行っています。 初めて受診される場合は、まず初診外来を受診していただき、その後専門外来を受診していただきます。初診受付時間は午前8時30分から午前11時までです。初診の場合は受診手続きをされてから診察が終了するまで時間がかかります。特に他院からの紹介状を持参されない場合、診察までの待ち時間がさらに長くなります。あらかじめご了承いただくとともに、初診時は時間に余裕を持って来院してくださいますようお願い申し上げます。

2回目以降からの診察は受診時間の予約ができますので、待ち時間が短くなります。予約時間はあくまで目安です。予約をお持ちの場合でも緊急時の診察や処置のために予約時間が遅れることもありますのでご了承ください。外来受診の方法など詳細については、名古屋大学医学部附属病院ホームページを御参照ください。また、セカンドオピニオン外来もありますのでご利用ください。

当院では人工妊娠中絶は行っておりません。子宮がん検診(無症状の方)は自費診療となります。分娩数の急激な増加による病床数不足のため、受診していただいても、分娩予約をお断りさせていただくこともございます。地域の方には大変ご迷惑をお掛けして誠に恐縮ですが、何卒ご理解、ご協力賜わりますようお願い申し上げます。

婦人科腫瘍分野では、悪性腫瘍の手術を優先的に行っていますので、良性疾患あるいは一部の悪性疾患の手術については、名古屋大学産婦人科の関連病院へ再紹介させていただく場合があります。

当院は研修指定病院となっていますので、外来および入院中の診療に際して、医学部学生および臨床研修医が立ち会わせていただきます。ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。外来受診の詳しくはこちらをご覧ください。

 

腫瘍、不妊・生殖の担当医表

外来担当医はこちらをご覧ください。

産科の担当医表

外来担当医はこちらをご覧ください。