名古屋大学大学院医学系研究科 脳神経外科
脳神経外科HOME >> 卒後研修システム >> システムの特徴

システムの特徴

初期臨床研修において、名古屋大学および関連病院では古くから各科ローテーションを採用しており、充実した教育プログラムを行っています。その中で、プライマリーケア、ICUでの全身管理などを習得することができます。
卒後2年間の臨床研修のあと、卒後3年目より初期研修を行います。
名古屋大学医学部附属病院を基幹施設とする研修プログラムにおいて、研修施設で初期研修をします。研修施設とは社団法人日本脳神経外科学会とプログラム責任者(名古屋大学 脳神経外科 若林俊彦教授)が認める指導医が2名以上常勤する病院です。
名古屋大学の研修プログラムは多くの研修施設を持っているため、年次が近い研修者が一施設に集中することなく、術者としての機会が早くから得られます。初期専門医教育の修了時には指導医のもとに脳動脈瘤クリッピング術の経験もできます。
後期専門医教育を大学病院で行い、研修の仕上げを行います。大学病院には、日本をリードするsubspecialtyのスタッフがおり、最近のトピックスを身近に聞くことができ、先端医療、難易度の高い手術、特殊な症例を数多く経験できます。

教育プログラム概要