先端応用医学部門 神経遺伝情報学分野Division of Neurogenetics, Nagoya University Graduate School of Medicine

当分野は、生体防御学分野を改組し、2004年9月に神経疾患の病態・治療基礎研究を行うセクションとして新たに発足しました。当研究室では、神経筋疾患のタンパクレベルおよびRNAレベルにおける分子病態機構の解明を行っています。また、細胞外マトリックス分子欠損症・異常症に対するタンパク標的療法の開発研究に取り組んでいます。さらに、bioinformatics手法を用いたヒトゲノムや遺伝子データベースの解析を、ベンチトップの研究手法と融合をさせる取り組みを行っています。

名古屋大学大学院医学系研究科附属
神経疾患・腫瘍分子医学研究センター
先端応用医学部門 神経遺伝情報学

お知らせNews

Pagetop