トップページ研究室紹介(臨床医学領域)運動・形態外科学 手の外科学((病)整形外科)

運動・形態外科学

手の外科学((病)整形外科)

附属病院 診療科へのリンクはこちら 「手の外科」

手の外科学

教員

構成員名/英名表記 役職 所属
平田 仁 / 
HIRATA Hitoshi
詳しくはこちら→
教授手の外科学
岩月 克之 / 
IWATSUKI Katsuyuki
講師手の外科学
中野 智則 / 
NAKANO Tomonori
助教手の外科学
機能構築医学専攻 運動・形態外科学 手の外科学 昭和43年付属病院分院整形外科で手の外科専門診療を始め、平成8年、現在の組織となった。手は人類の生活、文化、芸術、スポーツなどを生んだ器官と捕らえることができ、その障害は人間としての日常を著しく阻害する。手の障害治療は機能再建外科の極致であり高度の知識と技術を必要とする。手の障害を治療する専門医を育て、原因、診断、治療の研究を進めている。現在手の外科医は肩関節を除く上肢障害、末梢神経外科をも中心的に扱っている。

上肢 機能再建 先天異常 再生医療 神経損傷 腱損傷 骨・関節障害