トップページ研究室紹介(基礎医学領域)社会生命科学 法医・生命倫理学(法医学)

社会生命科学

法医・生命倫理学(法医学)

当研究室の独自HPを開設しました!!

研究室概要

法医学は法律上問題となる医学的事項を研究する学問で、カバーする範囲は極めて広い。
当講座では、実際の事件において専門的立場から鑑定を実施しているが、そのような実務を通じて浮かび上がる研究課題に取り組んでいる。


当講座では、法医病理学、医の倫理も扱っているが、現在、

①各種質量分析計を用いた法中毒学的研究

②DNAを利用した個人識別法の研究や集団遺伝学・系統進化学的研究

③内因性代謝物の網羅的解析技術(メタボロミクス)を利用した毒性機構等に関する研究

の3つのテーマに力を入れている。

① 各種質量分析計を用いた法中毒学的研究

液体クロマトグラフ四重極-飛行時間ハイブリッド型質量分析計(LC-Q-TOFMS、写真1)、ガスクロマトグラフタンデム質量分析計(GC-MS/MS、写真2)、液体クロマトグラフタンデム質量分析計(LC-MS/MS)など、当研究室で保有する最先端の質量分析計を用いて、生体試料中の薬物・毒物の高感度分析法に関する研究を行っている。

対象化合物は、覚せい剤などの違法薬物、合成カンナビノイド類などの違法ドラッグ(いわゆる脱法ドラッグ)、ベンゾジアゼピン系睡眠薬、自然毒(トリカブト毒などの植物毒やテトロドトキシンなどの海産毒)まで多岐にわたる。

現在の研究テーマとしては、精密質量測定を利用した自然毒の質量分析データベースの構築や違法ドラッグ類の異性体識別法の構築、違法ドラッグ類の薬物第一相代謝経路の解析などを行っている。

また、近年では胆汁酸の一斉分析法の構築および胆汁酸プロファイルの法医学的応用に関する研究も行っている。

学生の皆さんには、本テーマを通じて質量分析の基礎知識、各種質量分析計の操作法、分析前処理法の技術を習得してもらうことを目的とする。また、テーマによっては動物への薬物や毒物の投与実験を行うため、動物実験の基本手技の習得も目的とする。

 

写真1: AB Sciex社製 TripleTOF 5600
写真2: 島津製作所製 ガスクロマトグラフ-タンデム質量分析計(GC-MS/MS)

② DNAを利用した個人識別法の研究や集団遺伝学・系統進化学的研究

個人識別法に用いるマーカーとしてSTR (short tandem repeat)、ミニサテライト、SNP(一塩基多型)などがあり、非常に微量で低分子化した法医資料や歴史学的資料からの検出に工夫をこらすほか、日本人のデータベース作成や近隣諸国のDNA試料からの集団遺伝学的研究及び霊長類のDNA試料からの系統進化学的研究も行っている。

③内因性代謝物の網羅的解析技術(メタボロミクス)を利用した毒性機構等の解明に関する研究

メタボロミクスとは、アミノ酸、脂肪酸、糖類、核酸などの内因性代謝産物の網羅的解析技術を指し、近年、非常に注目を集めている研究領域である。当研究室では、質量分析計によるメタボロミクス基盤技術をすでに構築しており、ラットあるいはマウスを用いた動物実験系とメタボロミクスを組み合わせることで、薬物・毒物による急性中毒死の発現機構の解明や毒性バイオマーカーの探索、覚せい剤などの依存性薬物の依存性発現機構の解明、突然死の病態解明などの研究を進めている。
学生の皆さんには、本テーマを通じて動物実験の基本手技、質量分析およびメタボロミクスの基礎知識、メタボロミクスで使用する質量分析計の操作法、メタボロミクスで使用する前処理技術、メタボローム・データの多変量解析によるデータ解析ならびに統計学的検定法について学んでもらうことを目的とする。

研究業績(論文発表)

Original Article

 2013-2014

1.      Noriaki Shima, Munehiro Katagi, Hiroe Kamata, Shuntaro Matsuta, Keiko Nakanishi, Kei Zaitsu, Tooru Kamata, Hiroshi Nishioka, Akihiro Miki, Michiaki Tatsuno, Takako Sato, Hitoshi. Tsuchihashi, Koichi Suzuki. Urinary excretion and metabolism of the newly encountered designer drug 3,4-dimethylmethcathinone in humans. Forensic Toxicology 2013; 31: 101-112.

2.      Kei Zaitsu, Haruhiko Miyagawa, Yuki Sakamoto, Shuntaro Matsuta, Kento Tsuboi, Hiroshi Nishioka, Munehiro Katagi, Takako Sato, Michiaki Tatsuno, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki, Akira Ishii. Mass spectrometric differentiation of the isomers of mono-methoxyethylamphetamines and mono-methoxydimethylamphetamines by GC–EI–MS–MS. Forensic Toxicology 2013; 31: 292-300.

3.      Shuntaro Matsuta, Keiko Nakanishi, Akihiro Miki, Kei Zaitsu, Noriaki Shima, Tooru Kamata, Hiroshi Nishioka, Munehiro Katagi, Michiaki Tatsuno, Kento Tsuboi, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki. Development of a simple one-pot extraction method for various drugs and metabolites of forensic interest in blood by modifying the QuEChERS method. Forensic Science International 2013; 232:40-45.

4.      Masae Iwai, Tadashi Ogawa, Hideki Hattori, Kei Zaitsu, Akira Ishii, Osamu Suzuki, Hiroshi Seno. Simple and rapid assay method for simultaneous quantification of urinary nicotine and cotinine using micro-extraction by packed sorbent and gas chromatography-mass spectrometry. Nagoya Journal of Medical Science 2013; 75: 255-261.

5.      Noriaki Shima, Munehiro Katagi, Hiroe Kamata, Shuntaro Matsuta, Keiko Sasaki, Tohru Kamata, Hiroshi Nishioka, Akihiro Miki, Michiaki Tatsuno, Kei Zaitsu, Akira Ishii, Takako Sato, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki. Metabolism of the newly encountered designer drug α-pyrrolidinovalerophenone in humans: identification and quantitation of urinary metabolites. Forensic Toxicology 2014; 32: 59-67.

6.      Tadashi Ogawa, Masae Iwai, Hideki Hattori, Kei Zaitsu, Takeshi Kumazawa, Akira Ishii, Osamu Suzuki, Hiroshi Seno. High-throughput analysis of ramelteon, agomelatine, and melatonin in human plasma by ultra-performance liquid chromatography–tandem mass spectrometry. Forensic Toxicology 2014; 32: 126-131.

7.      Kei Zaitsu, Izuru Miyawaki, Kiyoko Bando, Hiroshi Horie, Noriaki Shima, Munehiro Katagi, Michiaki Tatsuno, Takeshi Bamba, Takako Sato, Akira Ishii, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki, Eiichiro Fukusaki. Metabolic profiling of urine and blood plasma in rat models of drug addiction on the basis of morphine-, methamphetamine- and cocaine-induced conditioned place preference. Analytical and Bioanalytical Chemistry 2014; 406: 1339-1354.

8.      Xiaofang Jia, Yudai Suzuki, Hisao Naito, Husna Yetti, Kazuya Kitamori, Yumi Hayashi, Rina Kaneko, Mina Nomura, Yukio Yamori, Kei Zaitsu, Masashi Kato, Akira Ishii, Tamie Nakajima. A Possible Role of Chenodeoxycholic Acid and glycine-conjugated bile acids in fibrotic steatohepatitis in a dietary rat model. Digestive Diseases and Sciences 2014 (in press)

9.      Toshimichi Yamamoto, Tomoki Senda, Daiki Horiba, Masayoshi Sakuma, Yuuka Kawaguchi Yuuichi Kano. Y-chromosome lineage in five regional Mongolian populations. Forensic Science Internationa: Genetics Supplement Series 2013; 4: e260-261.

10.   廣重優二,山本敏充,吉本高士,石井晃. 自然脱落毛からのSTR型検出のための判定基準. 日本法科学技術学会誌 2013; 18: 97-111.

11.   山本敏充,廣重優二,吉本高士. モンゴル2地域ヒト集団におけるYハプログループ解析. DNA多型 2013; 21: 127-129.

 

Review

2014

1.    Kei Zaitsu, Munehiro Katagi, Hitoshi Tsuchihashi, Akira Ishii. Recently abused synthetic cathinones, α-pyrrolidinophenone derivatives: a review of their pharmacology, acute toxicity, and metabolism. Forensic Toxicology 2014; 32: 1-8.

研究業績(学会発表)

2013-2014

1.    財津 桂、片木宗弘、鎌田 徹、志摩典明、吉本高士、山本敏充、土橋 均、鈴木廣一、石井 . LC/MS/MSによる合成カンナビノイドJWH-073のラット尿中代謝物の推定. 97次日本法医学会学術全国集会 (北海道)

2.    坪井健人、土橋均、財津桂、片木宗弘、松田駿太郎、佐藤貴子、阿部俊太郎、岩田美佐、石井晃、鈴木廣一. トリプル四重極型GC-MS/MSによる法薬毒物の高感度スクリーニングと確認分析. 97次日本法医学会学術全国集会 (北海道)

3.    山本敏充,廣重優二,吉本高士,財津桂,石井晃. “Midi-6”システムが有効であったパラフィンブロックからの親子鑑定例. 97次日本法医学会学術全国集会 (北海道)

4.    財津 桂、吉本高士、山本敏充、鎌田 徹、片木宗弘、小川匡之、服部秀樹、佐藤貴子、土橋 均、鈴木廣一、石井 . LC-Q-TOF-MSによる生体試料中合成カンナビノイド及び代謝物の分析. 日本法中毒学会第32年会シンポジウム (千葉)

5.    財津 桂、松田駿太朗、志摩典明、西岡 裕、片木宗弘、吉本高士、山本敏充、坪井健人、土橋 均、鈴木廣一、石井 . GC/MS/MSによる違法ドラッグ異性体識別法の検討. 日本法中毒学会第32年会(千葉)

6.    Kei Zaitsu, Takashi Yoshimoto, Toshimichi Yamamoto, Tadashi Ogawa, Hideki Hattori, Tomohiro Matsumoto, Kazuaki Hisatsune, Munehiro Katagi, Hitoshi Tsuchihashi, Akira Ishii. High-resolution mass spectrometry and accurate mass measurement of synthetic cannabinoids and their metabolites in human biological specimens by LC/Q-TOFMS. The 51st Annual Meeting of the International Association of Forensic Toxicologists. (Funchal, Portugal)

7.    Tooru Kamata, Noriaki  Shima, Munehiro Katagi, Akihiro Miki, Michiaki Tatsuno, Kei Zaitsu, Takako Sato, Toyofumi Nakanishi, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki. SINGLE HAIR ANALYSES OF HYPNOTICS ON THE SUPPOSITION OF A SINGLE ADMINISTRATION IN DRUG-FACILITATED CRIMES. The 51st Annual Meeting of the International Association of Forensic Toxicologists. (Funchal, Portugal)

8.    Akihiro Miki, Tooru Kamata, Noriaki Shima, Munehiro Katagi, Michiaki Tatsuno, Kei Zaitsu, Toyofumi Nakanishi, Takako Sato, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki. HAIR ANALYSIS FOR DRUGS BY MASS SPECTROMETRY IMAGING : A NEW PERSPECTIVE TO INVESTIGATE DRUG USE HISTORY. The 51st Annual Meeting of the International Association of Forensic Toxicologists. (Funchal, Portugal)

9.    Tooru Kamata, Shuntaro Matsuta, Hiroshi Nishioka, Munehiro Katagi, Haruhiko Miyagawa, Yuki Sakamoto, Kei Zaitsu, Akira Ishii, Kento Tsuboi, Hitoshi Tsuchihashi. COMPREHENSIVE ANALYSIS OF NAPHTHOYLINDOLE-TYPE SYNTHETIC CANNABINOIDS BY GC-MS/MS. The 51st Annual Meeting of the International Association of Forensic Toxicologists. (Funchal, Portugal)

10.  佐々木(中西)啓子、志摩典明、鎌田徹、片木宗弘、財津桂、石井晃、土橋均、鈴木廣一. キラル分析によるMDMA相代謝物の尿中排泄パターンの検討. 日本法中毒学会第32年会(千葉)

11.  宮川治彦、坂本雄紀、松田駿太朗、鎌田徹、西岡裕、片木宗弘、財津桂、石井晃、坪井健人、土橋均、鈴木廣一. GC-MS/MSを用いたナフトイルインドール系薬物の包括的検出. 日本法中毒学会第32年会シンポジウム(千葉)

12.  Toshimichi Yamamoto, Tomoki Senda, Daiki Horiba, Masayoshi Sakuma, Yuuka Kawaguchi Yuuichi Kano. Y-chromosome lineage in five regional Mongolian populations. 25th International Society of aForensic Genetics (Melbourne, Australia )

13.  小川匡之、服部秀樹、白石洋輔、岩井雅枝、財津 桂、石井 晃、鈴木 修、妹尾 洋. UPLC-MS-MS ESI-APCI同時イオン化モードを用いての血中非脱分極性筋弛緩薬一斉分析法の検討. 日本医用マススペクトル学会 (神戸)

14.  石井 晃、財津 桂、吉本高士、山本敏充、小川匡之、服部秀樹、妹尾 洋. MS-MSでミフェプリストンが検出された嬰児の1剖検例. 日本医用マススペクトル学会 (神戸)

15.  片木宗弘、志摩典明、 鎌田寛恵、佐々木啓子、 松田駿太朗、財津 桂、石井 晃、土橋 均、鈴木廣一. 新規乱用薬物カチノン類のヒト尿中代謝物の分析. 日本医用マススペクトル学会 (神戸)

16.  山本敏充,檀上稲穂,中村幸夫. Network analysis for Y-STRs haplotypes among ethnic minority groups in South America. 67回日本人類学会大会 (筑波)

17.  山本敏充,廣重優二,小川久恵,吉本高士. 5地域のモンゴル人におけるYハプログループ及びY-STRsハプロタイプ解析並びに日本人との比較. 日本DNA多型学会第22回学術集会(仙台)

18.  坂本雄紀、宮川治彦、財津桂、石井晃、坪井健人、土橋均、鈴木廣一. GC-MS/MSを用いた合成カンナビノイドの構造推定手法. 日本法科学技術学会(東京)

19.  坂本雄紀、宮川治彦、松田駿太朗、鎌田徹、西岡裕、片木宗弘、財津桂、石井晃、土橋均、鈴木廣一. GC-MS/MSによるカチノン類の一斉検出と構造推定手法. 日本薬学会第134年会(熊本)

当研究室では大学院生・研究生などを募集しています!!

当研究室では、法中毒学やDNA鑑定に興味のある、修士課程及び博士課程の大学院生を募集しています!

リサーチマインドを有し、法医実務にも携わることができるような広い視野を持った研究者の育成を目指しております。医学部出身の方だけでなく、法医実務や研究に興味のある他学部の学生諸君にも、広く門戸を開放しております。ご興味のある方は、ぜひ当研究室にいらしてください。

 

 

 

構成員名/英名表記 役職 所属
石井 晃/ISHII Akira
教授/Professor法医・生命倫理学
山本敏充/YAMAMOTO Toshimichi
准教授/Associate Professor法医・生命倫理学
財津 桂/ZAITSU Kei
詳しくはこちら→
准教授/Associate Professor法医・生命倫理学
草野麻衣子/KUSANO Maiko
詳しくはこちら→
特任助教/Assistant Professor法医・生命倫理学