診療科

親と子どもの心療科

医学部研究科講座へはこちら 「親と子どもの心療学」


児童青年期精神医学の立場から心や発達の問題を抱える子ども達のために

15歳以下の子どもの発達と心理的・精神医学的問題について、適切な診断と治療を提供します。

診療科概要

精神科・親と子どもの心療科長 尾崎紀夫

【対象疾患】
言葉の遅れなど発達上の問題、落ち着きのなさや集団へのなじみにくさなど行動上の問題、チック(トゥレット症候群)、緘黙、不登校やひきこもり、抑うつや焦燥といった情緒的な問題、拒食など食行動の問題、自傷行為、心的外傷に関連した問題など、乳幼児期から児童・青年期のこころの問題に対応します。

【特色】
乳幼児期から児童・青年期までの発達の問題や心理的・精神医学的問題の診断と治療に精通した専門スタッフが、多面的な見立てのもと、薬物療法や心理・精神療法などを用いた包括的な治療を行っています。

【診療実績】
子どもの心理的・精神医学的問題に対する診療ニーズは高まっています。最新の医学的知見に基づき、ひとりひとりの状態に応じた診断・治療を提供しています。また、ニーズや状態により適した治療を行うため、子どもの心理的・精神医学的問題を扱うクリニックや病院、心理療法実施施設、教育機関や精神保健福祉機関などとも協力・連携しながら取組んでいます。

【診療体制】
児童精神科医5名(併任を含む)と複数名の心理士(併任・非常勤を含む)で診療を行っています。

【先進医療】
「現在の診断・治療法で最も妥当なものは何か」を検討するとともに、「病態をつきとめ、病態に即した治療・予防法の開発を目指す」ことを基本方針としています。子どもの心理的・精神医学的問題に関する最新の知見を日々の臨床に還元すべく、診療スタッフの医療水準を最高に維持するように日々研鑽に励んでいます。また、児童青年期精神医学にかかわる人材の育成にも力を入れています。

科長の名前

尾崎 紀夫